厚生年金の保険料

厚生年金保険は、強制的に加入しなければならない公的年金保険です。
(個人事業主や企業に常時雇用される5人以上の従業員)

厚生年金保険法において、2004年2月にこの厚生年金保険料は、改正されています。内容に関しては以下の通りです。

ただし、現実的な話、受給額は過大に見積もられていることは明らかで高齢化が今後進んだ場合、年金会計が困難になることは周知の事実です。

「厚生年金保険料は厚生年金の被保険者となった場合、支払う義務が生じます」
「厚生年金保険料は、労働者の総収入に厚生年金保険料率をかけた額となります。なお、厚生年金保険料は、労使折半となっているので企業が50%・個人が50%を支払います。」
「厚生年金保険料率は2007年9月~2008年8月では総収入の14.996%と決められており、その後毎年9月に料率が0.354%引き上げられて2017年9月の18.30%が最終の料率となっています。」

厚生年金保険料は、現在国民年金・共済年金との3つの年金保険体系となっていますが、2017年には国民年金と厚生年金の2本になることが決められています。

年金については、今まで積み立てられた保険料を運用していて運用利益での支払と考えている人もいるようですが、実際には現在労働者が支払っている厚生年金保険料などを年金の支給に当てているのが現実です。



同じカテゴリー(厚生年金保険)の記事
 支給額と受給額 (2009-05-10 23:02)
 厚生年金保険とは? (2009-05-10 20:15)